小説「続・プレイボール」感想掲示板

16468
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

74話を読んで - itou

2024/03/03 (Sun) 06:49:00

作者様、今回も素晴らしい話を読ませて頂ききました。これまでと違い聖明館の監督は青葉部長の弟ということで、墨谷についての知識がある。つまり情報戦でも相手は負けていないという谷口にとっては東実戦の再現になりました。おまけに先発の松川タイプが得意な打線とは、到底楽な場面はありませんね。この試合をどう攻略するのか、谷口の采配が楽しみになりました。

第74話を読んで - 軍師見習い

2024/02/29 (Thu) 20:51:04

南風さん、第74話の執筆お疲れ様でした。

いやぁ参りました。青葉学院部長の弟とは!にくい演出であると同時に強豪であることが伝わってきます。
初回の打線の特徴を見ると、原作の聖陵を思い出します。ということは、聖明館の聖は、聖陵?明は明善、館は専修館?めちゃくちゃ強そうですね~

Re: 第74話を読んで - 南風の記憶

2024/03/02 (Sat) 23:16:51

 軍師見習い様、いつもありがとうございます。
 甲子園編、予選編と違って谷原の村井や東実の佐野のようなライバルキャラがおらず、なかなか盛り上げるのに苦労していたので、青葉部長の弟の登場が一つのスパイスになればと思っています。
 ブログでのコメントもありがとうございました! 今後の展開も、どうぞご期待下さい!

73話を読んで - itou

2024/02/25 (Sun) 11:41:58

今回も素晴らしい話で感銘を受けました。あれほど広陽を苦しめたチームがあっさり崩れてしまうとは、村瀬や須藤が開幕戦でああも脆かったった理由の一端がわかりました。墨谷の次戦も苦戦必至の強豪校とのことで、今から手に汗を握ってしまいました。

Re: 73話を読んで - 南風の記憶

2024/02/25 (Sun) 15:02:50

 itou様、コメントありがとうございます。
 次話はちょっとしたサプライズ(?)も用意していますので、乞うご期待です!!

第73話を読んで - 軍師見習い

2024/02/24 (Sat) 00:11:35

南風さん、第73話の執筆お疲れ様でした。
短いスパンでの更新。読者としては大変嬉しいのですが、無理なさってないですか?少し心配しています。

2点取って浮き足立つ江島。対照的に流れを掴む墨谷。
甲子園で、終盤2点ビハインドなら固くなりそうなものですが、そこは谷口率いる墨谷。勝利を信じ、谷口を信じて意思統一をして戦う姿に、とても逞しさを感じました。

3回戦も楽しみです。
相手は予選トップの打率にもかかわらず、2回戦まで低い得点。エースは谷口に似ている。そして片瀬登板の可能性・・・
コメント欄にも書きましたが、私が少しでも南風さんの想定を汲み取れているとしたら、予選の明善戦か谷原戦に似た、波乱含みの凄絶な試合になるのではないかと楽しみにしています!

第74話も楽しみにしています。くれぐれもご無理のないように!
(第73話の紹介記事は既に書き上げ、明日アップの予定です)

Re: 第73話を読んで - 南風の記憶

2024/02/24 (Sat) 00:32:35

 軍師見習いさん、コメントありがとうございます。
 無理はしていないので大丈夫ですよ。というより、執筆は時期によってスラスラ書ける時期と書けない時期が出てきてしまうので、調子のいいうちに執筆を進めておこうという感じですね。
 試合展開については、色々予想するのも楽しみ方の一つなので、作者としてはあえて何も言わずにおきます(笑)。まあどんな展開にせよ、各キャラを輝かせるということだけは大事にしようと思っています。

お知らせ<ブログのコメント欄について> - 南風の記憶

2024/02/23 (Fri) 22:29:01

ブログのコメント欄、荒らし対策で、はてなidをお持ちの方じゃないと書き込めない仕様にしていましたが、良心的な読者の方に申し訳ないので以後は解放します。ただし、他の方が気分を害するようなコメントはこちらで判断して削除します。今後ともよろしくお願いします。

https://stand16.hatenablog.com/?_gl=1*130rm2w*_gcl_au*NzczNjAzMzQxLjE3MDY0MDYwNjU.

72話を読んで - itou

2024/02/19 (Mon) 02:24:32

作者様、投稿ありがとうございました。
先取点をとれた相手が浮足立って墨谷がほくそ笑んでいる展開に、高校野球の難しさを実感しました。ここからどうかというと場面でで次話をお楽しみとは、ワクワク感が収まりません。お体に気を付けたお過ごしください。

Re: 72話を読んで - 南風の記憶

2024/02/20 (Tue) 17:47:41

 itou様、コメントありがとうございます。
 追加点を取ったチームが優位かと思いきや、そこから試合自体が大きく動いてしまう。まさに高校野球あるあるを今回描いてみました。
 今後も細々とですが続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

第72話を読んで - 軍師見習い

2024/02/18 (Sun) 15:04:14

南風さん、おかえりなさい!!
そして、第72話の執筆、大変お疲れ様でした。

ただただ感動しています。そして、南風さんの作品を読むことができることへの喜びを噛み締めています。

くれぐれも、無理しないでください。ご自身のペースで進んでください!!

今後とも、よろしくお願いします。
(第72話の紹介記事をブログにアップしましたので、お時間のあるときにでも読んでもらえると嬉しいです。)

Re: 第72話を読んで - 南風の記憶

2024/02/18 (Sun) 15:10:05

 軍師見習いさん、コメントありがとうございます。
 こんなふうに思っていただいて、私は作者として本当に幸せです。だいぶ待っていただいたので、もう少し更新頻度を早めたいところですが、気長に待っていただければと存じます。今後とも「続・プレイボール」をよろしくお願い致しますm(__)m

その3を読んで - itou

2023/11/01 (Wed) 06:47:26

丸井編、夏の都大会を読ませて頂きました。春の苦い思い出を引きずったためにチームワークが乱れてしまう展開。学生スポーツにある落とし穴でした。
さらに、東実(ほとんど青葉)に苦杯を喫する結末に、墨谷みんなが悔し涙をこらえきれないことでしょう。秋季大会でリベンジに燃える姿が目に浮かびました。素晴らしい話をありがとうございます。

Re: その3を読んで - itouさんへ

2023/11/06 (Mon) 00:50:58

コメントありがとうございます。
もし墨高が東実にやられるとしたら、”あの展開”しかないと思っていました。しかしおっしゃるように、この経験が後の墨高を強くするであろうことは、言うまでもありません。次代のキャプテンは間違いなくイガラシになるでしょうから、いよいよ頂点を目指す戦いになると思います!

丸井キャプテン編を読んで - itou

2023/10/29 (Sun) 07:48:27

作者様、夢膨らむ秋季大会&選抜編、読ませていただきました。やはり墨谷は東実と永遠のライバルだなと感銘を受けるストーリーです。それと、箕輪の曲者ぶりもよくわかる話でした。お体に気を付けてください。

Re: 丸井キャプテン編を読んで - 南風の記憶

2023/10/30 (Mon) 00:09:13

itou様、お久しぶりです。まだまだ意外な展開を用意しておりますので、お楽しみに!

丸井キャプテン編を読んで - 軍師見習い

2023/10/27 (Fri) 19:48:54

南風さん、こんにちは。
丸井キャプテン編を読みました。
決勝で夏の再戦、墨谷vs東実。佐野の劇的なサヨナラホームランで幕切れ。でも、両校とも春の選抜に出場!
さすが南風さん、「原作ファンが納得する」墨谷の負け方ですね!

書き終えて、どのように感じましたか?
「大変だけど、やっぱり楽しい」というようなポジティブな感想を抱いたんではありませんか?

あきお先生の続編を書くという難解なミッションに挑み、それを多くの人が認める形で達成した南風さん。
あなたは、『「野球小説 続・プレイボール」こそが、原作の真の続編である』と私が認める作品を書いた、私の尊敬する人物です。

「あきお先生のところに行く」という選択は、今でなくても、いつでもできます。何なら選択をしなくても、人間いつかはそうなります。
しかし、生きるということは「今」の連続ですから、「今」という一瞬一瞬において「生きる」という選択をする必要があります。つまり、「生きる」ということは、「今」しかできません。

いつでもできることは後回しにして、「今」を大切にしてください。

納得できない「今」かもしれません。でも、あなたには、それを納得できる「今」に変える力があります。
私が認めた、尊敬する人物ですから。


丸井キャプテン編を読んで、シンプルに「野球小説 続・プレイボール 第72話」が読みたくなりました。
気長に待たせてもらいます笑


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.